03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 

家庭菜園の面白さ、メリット トップ10

さて、私が家庭菜園を始めた動機がいまいちパッとしないことがわかっていただけたかと思いますので、次は私が家庭菜園をやっていて面白いと感じたこと、メリットなどを10個挙げたいと思います。

結構奥が深い
 まず野菜づくりをする為に、「どういう野菜を育てるか」から考えます。
よく「入門者にオススメな野菜」としてチンゲンサイ、カブ、シソ等比較的難易度が低い野菜が勧められていることがありますが、私は「食べたい野菜を育てるべき」と考えています。
ただし、想像以上に広いスペースが必要なスイカやカボチャはある程度知識がついてから栽培することをオススメします。これは間違えると他の区画に迷惑をかけてしまうからです。

話が脱線しましたが、どの野菜を栽培するかを考えるときに必ず「連作障害」と言う言葉に出会うでしょう。「連作障害」とは、同じ種類の野菜を同じ場所で何度も作っていると、野菜が苦手とする病原菌や線虫の増加、野菜が必要とする栄養分の減少等の理由で発育不良を起こす現象です。この連作障害を起こさない為に野菜を植える場所をずらしていくことを「輪作」と言います。
さらに、野菜によって好みの酸性度、日当たり、必要な水の量が異なります。
そして、同じ畝または隣の畝に植えるとお互いの病害虫が少なくなったり栄養分を補い合う相性が良い野菜がありますこれを「コンパニオンプランツ」と言います。逆に相性が悪い野菜というのもあります。
肥料には植物の三大栄養素である窒素(N)、リン酸(P)、カリウム(K)がありますが、野菜の種類によって必要な栄養の割合が異なります。前作に窒素肥料をたっぷりあげた場所にトマトを植えると、窒素過多で葉ばかり茂ってしまいます。

と、いろんな要素があってどこに何を植えるかを考えるのは結構難しいわけです。
種から野菜を育てる場合、主に6~7月に冬野菜、12~1月に夏野菜の計画を立てることになります。

ちなみに私は野菜の栽培計画にはガントチャートが一番適していると思います。

ガントチャートについてはこちらをご覧ください。
縦軸に畝、または畝での作業内容レベルまで展開したもの(Work Breakdown Structure)、横軸は日付をとって作業を管理すると作業の流れ、作業量、作業の進捗が一目で把握できます。
私は面倒臭がりなので上の図のように畝単位で管理しています。
ガントチャートを作成できるフリーソフトもあるのでぜひ使ってみてください。

自分なりに「どうやればベストな野菜づくりができるか」を考えるのは、ワクワクしてなかなか面白いものです。


一国一城の主である
 「よくぞ生き残った!わが精鋭たちよ!!」
子供の頃放送されていた「風雲!たけし城」で谷隼人が言っていた言葉ですが、私も種から育てた野菜を畑に植え付ける時まさに同じ気持ちで苗を植え付けます。
この気持ちが一番表れているのはこちらの記事「いざ、夏野菜の植え付け!

畑の中では「自分は一国一城の主である」と思っています。
誰の援助も干渉も受けない、自分がイメージした通りの野菜づくりを実現していくことは家庭菜園ならではの楽しみではないかと思います。

長い付き合いのパートナーができる
 ここでいう「パートナー」とは人ではありません。
野菜や作業を行うための道具です。
私の畑で言うと、
野菜:カプリス(ナス)、ニラ
道具:長靴、帽子
野菜はもう3年以上の付き合いですし、道具に至っては6年以上の付き合いです。


野菜に関してはニラやアスパラガス、ミョウガ等は5年程度同じ場所に植えたままで大丈夫ですし、今年はトマトの発芽に失敗しましたが固定種は毎年種を採種すれば同じ野菜を育てられます。
サトイモはその畑に適応した芋になっていくらしいです。

野菜も道具も長く関わるとやっぱり愛着がわいてきます。


土の感触を楽しむ
 子供の頃の砂場で遊んだ時みたいに、両手を土の中に突っ込んで土の感触を楽しむのも好きです。
土の中にはいろんな虫やたまにトカゲなんかもいるわけですが、この土あっての野菜づくりですから。

特に春や秋のほんのり暖かい土は気持ちが良いものです。
多分、植物を育てることがなければ大人になって土を触る機会はほとんどないと思います。
たまには子供に返ったつもりで土を触ってみるのもいいんじゃないでしょうか。


週に1度の楽しみ
 こういうことを言うと「キュウリやオクラは毎日チェックしなきゃダメだ」と言われそうですが、私レベルの野菜づくりでは畑に行くのは週に1度程度です。


もちろん時間があればもう少し畑に行きたいのですが、平日は仕事だし休日は家族で出かけたりもするので、趣味としての時間は週に2~3時間くらいがちょうど良い時間かと思います。これだけ時間があれば一応野菜を作ることはできます。

春や秋はちょっと忙しくなりますが、冬なんて2週間に1度ネギやブロッコリーの収穫しかしなかったり。。。ということもあります。

また、金額的にも1区画借りても年間4万円弱とそれほど負担にはなりません。
しかし「家計の足しに」というのであれば家庭菜園ではなく、知り合いの農家の方と直接交渉する等して畑を借りた方がいいかもしれません。


新鮮で美味しい野菜が食べられる
夏は畑仕事をしながらトマトで水分補給。。。ということもよくやります。

収穫できれば。。。ですが、新鮮な野菜が食べられるのが家庭菜園の一番美味しいところです。
特に鮮度が大事な野菜は「トウモロコシ」ではないかと思います。
トウモロコシは収穫したら分単位で甘味が落ちていくそうで、「トウモロコシは鍋に火をかけて採りに行け」と言われるほどです。
収穫したてのトウモロコシの味を知ったら、もうスーパーでトウモロコシは買えません。
それくらい新鮮な野菜は美味しいですよ。


相手は自然
 野菜の生長にパソコンのプログラムのような「絶対」はほぼありません。
全ての種が発芽するわけではありませんし、病気になったり害虫に食べられたり。。。

ただ私が借りている場所はイノシシやサル、ハクビシンなどの獣害はありません。
そういう意味ではまだ恵まれているというか、実家のような完全な自然が相手ではないので難易度は低めです。

家庭菜園で出来る害虫対策は、
・害虫が集まる前に収穫できるよう時期をずらす
・コンパニオンプランツや防虫ネットを害虫を防ぐ
など。

でも私が育てた野菜が美味いと集まってきてるんだから、「少しくらいあげちゃってもいいか」と考えていいのかもしれません。

害虫もこのキレイな夕焼けも自然の一部と思うと、そういう気持ちになってきます。




コミュニケーションが増える
 家庭菜園をしていると、お隣の区画の方と野菜の話をしたりします。
そして、実家の祖母や母とも「今年は何作りよんのかぇ?」「今年はタマネギがよぉできてなぁ」などと野菜の話になります。
会社の同期や同僚と会うと「まだやってるの?」「今何作ってるの?」とやっぱり野菜の話になります。

昨年は祖父の初盆にスイカをお供えして、帰省したことと野菜づくりが思った以上に難しかったことを報告しました。


家庭菜園を始めると確実にコミュニケーションが増えます。



適度に体を動かせる
 畑を耕したり、雑草を刈ったりすると結構体力を使います。
もちろん夏は熱中症に気をつけなければなりませんが、運動不足になりがちな私の世代にはちょうど良い運動だと思います。

耕運機を使えばとっても楽に、あっという間に、しかもキレイに畑を耕せます。

何度か私も利用させてもらったのですが、今は自分の手で鍬やスコップを使って耕しています。
汗だくになってフゥフゥ言いながら「まだまだ~!!」と頑張れる自分が結構好きだったりします。
もちろん、それが出来る範囲の畑の広さだから言えることなんですが。
何でも機械に頼りだしたらオシマイだ!とこれからも自分の力で頑張っていく所存です。

安全な野菜を食べられる
 これは家庭菜園をやる上でよく言われることですね。
私が利用している家庭菜園は農薬禁止です。農薬を利用して育てた野菜には「残留農薬」と言われる農薬が野菜の中に残っている可能性があります。特に一部の外国産の野菜は「安かろう悪かろう」と危険視されているものもあります。
しかし家庭菜園では生産者=消費者なので、何を使って育てたのかは生産者である本人が一番良く知っているでしょう。
格好さえ気にしなければ、無農薬野菜を作ることはそれほど難しくなく、頑張れば有機野菜も作れます。
自分の中で「これだけやってれば安全だ」と思えるレベルの野菜を作って食べることができるわけです。


以上、少しでもみなさんに家庭菜園の面白さ、メリットが伝わっていったら幸いです。

コメント



 編集・削除ができます。
 管理者にだけ表示を許可する
 
 

プロフィール

とくのー

Author:とくのー
 
ようこそ!

さぁ、今日も畑に行きますか!って言えるほど毎日畑に行けませんが、野菜や花のこと、自分で作った野菜を使った料理のこと、あとペットのボストンテリア、ボタンインコ、コザクラインコ、金魚2匹のことなど書いていこうかな。

家庭菜園を始めた動機はこちら

家庭菜園の面白さ、メリットはこちら

ごゆっくりどうぞ。。。

 

登場人物

とくのー
 家庭菜園を楽しむサラリーマン


 しっかりしているようで
 おっちょこちょいなとくのーの妻


 わがままでいつも怒られてばかり
 でも全くめげない明るい女の子

はな

 とくのーがどうしても飼いたかった
 ボストンテリア
 にことは犬猿の仲

にこ

 とくのー家のペット第一号
 靴下が寝床という変わった
 ボタンインコ

みりぃ

 娘が面倒をみる、
 とてもおとなしいコザクラインコ

ラブ・リン

 ハートマークの丹頂と尾びれが綺麗な流金


レヴォちゃん

 とくのーの愛車
 リアルスポーツツアラー
 スバル レヴォーグ


 

野菜栽培状況

↓(2012.03.20現在)
畑1(3m×10m)
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
空き
空き
空き
空き
空き
アスパラガス・ミョウガ

畑2(3m×10m)
空き
ニンニク
ニンニク
ラッキョウ・スナップエンドウ
ミニ大根・シュンギク・ホウレンソウ
ハクサイ
タマネギ
空き
ブロッコリー
キャベツ
空き
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

最新記事

 
 

カテゴリ

openclose

 
 
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

オセロゲーム