01 月<< 2018年02 月  12345678910111213141516171819202122232425262728  >>03 月
 
ここのところ深夜に帰宅することが多いのですが、2/14は珍しく娘が起きている時間に帰宅することができました。

今年も妻と娘からバレンタインチョコをいただきました。


昨年は「お仕事頑張ってね」でしたが、今年は意識してかメッセージが少し変わっていました。


今年もいつものチョコです。
私のお返しのように毎年作るものを変えるのは失敗するリスクが高いですからね。
そろそろお返しに何を作るか考えとかないとなぁ。




昨日は節分でしたね。
たまたまお参りに行っていた寒川神社で豆まきをしていました。
我が家では豆まきをしないからか、娘が「あれ何投げてるの?」と不思議そうにしていました。

神社から戻って今年も大分から送ってもらった恵方巻をいただきました。
今年はイワシの丸干しも食べました。イワシを食べるのは私だけなんですけどね。


これまで娘は太巻きが好きだと言っていましたが、今年はレタス巻きの方をパクパク食べていました。
今年もお腹いっぱい、ごちそうさまでした。

いつも正月休みはどこかに出かけていましたが、今年は家でおとなしくしていました。
今年もそろそろ動きだそうかな。。。

ということで今日はイチゴ狩りに行ってきました。

我が家ではイチゴ狩りは毎年の年明け恒例行事だったわけですが、昨年は年明けにはなちゃんが下半身不随になったため、とてもイチゴ狩りに行けるような余裕はありませんでした。まだはなちゃんの後ろ足は動かないままですが、以前と同じように半日程度のお留守番なら問題ありません。

伺ったのはいつもお世話になっている平塚の「ホヤノいちご園」。

今日は雲一つない、真っ青な空でした。
こんなに良い天気だと、また山登りに行きたくなるね~、と話ながらビニールハウスに向かいました。


いつもの道からビニールハウスに入ろうとすると、入り口がなくなってる。。。
どうやら昨年のうちに入り口が反対側になったようです。
元の入り口の方がトイレや水道が近くてよかったんですけどね。
まぁ何か事情があるんでしょう。

ビニールハウスに入るといつものおじさんからイチゴの取り方の説明がありました。
説明用におじさんが持っているイチゴを食べるのは。。。

子供ではなく、やっぱり私。
相変わらずだな。。。

↓↓↓詳しいことは以前の記事を読んでください↓↓↓
2013/03/05 ひな祭りとイチゴ狩り

ホヤノいちご園さんは昨日からイチゴ狩りを開始しており、今回我が家が入ったビニールハウスは年が明けて今日初めて開放したんだとか。1月は料金が高いけど、やっぱり大きくて真っ赤なイチゴを食べるならこの時期に限りますね。
食べるのに一生懸命で写真がボケてしまってますが、今年もこんな立派なイチゴがたくさん。


最初は何個食べたか数えていましたが、20個くらいで数えるのを忘れてしまいました。
30分の制限時間がくる前に、もうヘソからイチゴが出るんじゃないかっていうくらい、お腹いっぱいになりました。



天野喜孝さん、弓彦さんのファンタジーアート展に行ってきました。
私と同じ世代の方は絵でわかると思いますが、天野喜孝さんはファイナルファンタジーのイラストを描いた方として有名です。


今回は展覧会ではなく、展示販売会なので入場無料なんです。
細かい描写でありながら豪快な線でもあり、妖しさと強い意志を感じさせる眼が良いですね。
最初に書いたように天野喜孝さんのイラストはファイナルファンタジーで有名ですが、私が子供の頃に見ていた「ヤッターマン」をはじめとする「タイムボカンシリーズ」や「ガッチャマン」、そして娘も小さい頃に見ていた「やさいのようせい」のキャラクターも生み出した方なんです。

これだけの絵なので、50万円以上と一般庶民にはかなり高額。
ぱっと見ただけでは版画には見えませんが「87/300」等のエディションナンバーが書かれています。
「この絵が300枚全部売れたら¥500,000×300だから・・・¥150,000,000!!(1億五千万円!!)
すごい金額だなと思いつつ絵を観ているとスーツ姿の販売員の方が話しかけてきました。
これだけ高価な絵を実際に購入する方はほとんどいないだろう、と気にせず思い絵に関する情報を教えてもらいましたが、FF6のパッケージで使われていた絵を購入しようとしている方がいました。スゴいですね~。
やっぱりファイナルファンタジーの絵は人気があるようで、渋滞が発生していました。

天野喜孝さんの息子さん、弓彦さんのイラストも数点展示されていました。
絵の雰囲気は結構違いますね。

ちなみに入場特典としてポスターとクリアファイルをいただきました。
セシル、懐かしいなぁ。


チョコレート、クリームチーズ、マシュマロ、ビスケット、ドライストロベリー、ピスタチオ、クルミ、ドライクランベリー、オレンジピール、オレンジキュラソー。。。
よし、いい感じだ。

3/14(火)はホワイトデーでしたね。
チョコをもらった男性はちゃんとお返しできたでしょうか?

「去年のパンケーキはちょっと手抜きだったからなぁ~。今年は何を作ろうかなぁ。」とバレンタインデーの前から検討を始めました。これまでクッキーを作ることが多かったけど、妻と娘はチョコレートが大好きなので今年はチョコレートのお菓子を作ります。

バレンタインデー用の情報を見ていたところ、簡単に作れそうなのに見た目がキレイ、しかも美味しそうなものを見つけ、「今年はこれにしよう!」と決めました。
これまでチョコレートのお菓子は作ったことがありませんでしたが、チョコレートを溶かすだけなので初めてでも大丈夫なはず。。。
このお菓子は自分で好きな具材を入れられる、というメリットもあります。通勤電車の中で妻や娘の好物を入れたものをイメージして私なりの具材を考えました。それがまとまったのが上の呪文のようなものです。

そして3/13(月)。
近所のスーパー等で手に入らなそうなものはネットで購入し、材料を全て買い揃えました。
ネットのレシピを参考にしてそれぞれの材料の準備も出来て、調理開始です。
まずはチョコレートの湯煎から。
チョコレートがキレイに溶けてきたらクリームチーズを入れて混ぜ。。。

。。。あれ、何か様子がおかしい。

何か滑らかだったチョコの表面がボソボソとしてきて、透明な液体がドロドロ出てきます。

な、なんだこれ?

クリームチーズが多すぎたのか?と思いましたが、どうやら次の2つが原因でチョコレートが分離してしまったようです。
・湯煎のお湯の温度が高すぎた
・クリームチーズをしっかり室温に戻してなかった

あまりにもチョコレートを甘くみすぎていたようです。
これまで3/14の朝にはちゃんとホワイトデーのお返しを準備出来ていたのに。。。
残念でしたがとりあえず3/14にお返しを渡すことは諦めて週末に再挑戦することにしました。


ということで、昨日無事妻と娘にお返しを渡すことが出来ました。



中はこんな感じ。
それぞれ2本ずつサラミが入っています。



サラミと言っても、今回作ったのはチョコレートサラミです。
チョコレートサラミは北イタリア伝統の高級菓子なんだとか。
妻と娘にそれぞれ2本ずつ作りました。
それぞれチョコレートにクリームチーズを混ぜて、マシュマロとビスケットを入れるところまでは共通ですが、それ以外の具材は4本とも全て異なります。


チーズ、マシュマロが大好きな娘にはこの2本。

左側:1cm程度の角切りクリームチーズ入り
右側:マシュマロ多め
娘はドライフルーツやナッツが苦手なのでかなりシンプルです。

そして妻にはこちらの2本。

左側:ドライストロベリー、ピスタチオ、クルミ、ドライクランベリー入り
右側:マシュマロ多め、オレンジピール、オレンジキュラソー入り

オレンジピールは、オレンジの果皮、またはそれを乾燥させたもので、オレンジキュラソーとは、オレンジの果皮で風味を付けた、香りの強い甘いリキュールです。

これまでのホワイトデーは娘へのお返しがメインでしたが、今回は最近の妻の頑張りへの感謝も込めて二人に喜んでもらえるものを作りました。

マシュマロって単体で食べても「美味しい!」と言えるものではありませんが、チョコレートと組み合わせると格段に美味しくなるんですよね。そしてビスケット(森永製菓のマリー)とチョコレートの組み合わせもなかなかいい感じです。

特に妻はオレンジピール、オレンジキュラソー入りが気に入ったようで、「これ、本ッ当に美味しいッ!」とパクパク食べてくれました。オレンジキュラソーが入っているからか、他のものより食感が柔らかめになっていました。
私も味見しましたが、全てイメージした通りの味だったので、大満足です。

ちなみに今回はクリームチーズを入れましたが、本来は卵とバターを入れるようです。生クリームを入れるのもありだとか。
自分用だったら間違いなくレーズンとラム酒だな。。。
市販の板チョコを自分好みにカスタマイズできる面白いお菓子ですので、皆さんもぜひ作ってみてください。

↓↓↓ 参考にしたレシピ ↓↓↓
チョコレートサラミ

チョコレートサラミ

by Mie

調理時間:10分
Comment

北イタリアが発祥と言われているこのお菓子。ビスケットやナッツなどを混ぜて冷やし固めたチョコレートですが、混ぜ方によって切り口が違い、味わいも同じものがなく、とっても楽しいお菓子です。とっても簡単なので、スイーツ作りが苦手という方にもおすすめのメニューですよ♪

このレシピを詳しく見る


Cpicon クリームチーズチョコサラミ by クラフトチーズ

Cpicon ざくざくナッツのチョコレートサラミ by 草原うさぎ
 

プロフィール

とくのー

Author:とくのー
 
ようこそ!

さぁ、今日も畑に行きますか!って言えるほど毎日畑に行けませんが、野菜や花のこと、自分で作った野菜を使った料理のこと、あとペットのボストンテリア、ボタンインコ、コザクラインコ、金魚2匹のことなど書いていこうかな。

家庭菜園を始めた動機はこちら

家庭菜園の面白さ、メリットはこちら

ごゆっくりどうぞ。。。

 

登場人物

とくのー
 家庭菜園を楽しむサラリーマン


 しっかりしているようで
 おっちょこちょいなとくのーの妻


 わがままでいつも怒られてばかり
 でも全くめげない明るい女の子

はな

 とくのーがどうしても飼いたかった
 ボストンテリア
 にことは犬猿の仲

にこ

 とくのー家のペット第一号
 靴下が寝床という変わった
 ボタンインコ

みりぃ

 娘が面倒をみる、
 とてもおとなしいコザクラインコ

ラブ・リン

 ハートマークの丹頂と尾びれが綺麗な流金


レヴォちゃん

 とくのーの愛車
 リアルスポーツツアラー
 スバル レヴォーグ


 

野菜栽培状況

↓(2012.03.20現在)
畑1(3m×10m)
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
空き
空き
空き
空き
空き
アスパラガス・ミョウガ

畑2(3m×10m)
空き
ニンニク
ニンニク
ラッキョウ・スナップエンドウ
ミニ大根・シュンギク・ホウレンソウ
ハクサイ
タマネギ
空き
ブロッコリー
キャベツ
空き
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

最新記事

 
 

カテゴリ

openclose

 
 
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

オセロゲーム