03 月<< 2017年04 月  123456789101112131415161718192021222324252627282930  >>05 月
 
畑に行こうかな、花見にも行こうかな、なんて考えてましたが、週末は雨。。。
明日も多分雨。。。

なんだかスッキリしない天気が続きますね。

今日は久々に妻が洋ナシのタルトを作りました。

洋ナシってあまり自分で買って食べることはありませんが、梨とはまた違う歯ごたえとほどよい甘さがいいですよね。
タルトになっても美味しいです。

はなちゃんは随分車イスに慣れてきました。
これは先日お出かけした時の写真です。

後ろ足がピクピク動くようになってきたものの、まだまだ車イスがなければ後ろ足を引きずって歩くことしかできません。

そして、とにかく大変なのがトイレのお世話。
キレイにしている最中にトイレ、ありゃーって片付けて洗って拭いているとトイレ。。。
そしてまた洗っている時にトイレ。。。はぁ。。。

それからはなちゃんも不安なのか抱っこしてあげればおとなしくいびきをかいて寝てくれますが、
ちょっと離れるとフ~ン、フ~ンと寂しがります。
「あ、またはなちゃんがフンフンおばさんになりよる!も~、フンフン言わんよ」と私か妻が抱っこすることに。

1月からこんなことが毎日続いています。

まぁ本当に、大変な毎日です。
私は週末だけですが、妻は毎日ちゃんとはなちゃんのお世話をしてくれています。
かわいいはなちゃんのため、頑張らねば。

さて、そんな毎日ですが最近娘のピアノの曲を聴くことが多くなりました。
今日は私のお気に入りの曲を2曲ご紹介します。

1曲目はアナと雪の女王のLet It Go。

撮影したのは3年前ですよ。
よくまぁ頑張って弾いたなぁと今でも感心します。
娘が自分で「この曲を弾いてみたい」と言った曲。ピアノを弾く技術については何もわかりませんが、やっぱり弾きたい曲をたまに弾くのもいいんじゃないかと思います。

2曲目はピアノ練習曲「小さな嵐」。

この曲も撮影したのは3年前。
今弾いている曲に比べればすごくシンプルな曲ですが、好きな曲です。
33秒からの盛り上がりを聴くと、逆風に立ち向かっていくような、頑張るぞっていうような気持ちになるんですよね。

娘みたいに毎日練習するなんてことは絶対できませんが、やっぱりピアノが弾けるのっていいなぁ、羨ましいなぁと思います。


さて、明日もがんばりますか。
大阪駅から京都駅までJR京都線新快速で30分移動。
大阪から京都まで500円程度で行けるんですね。


京都の最初の目的地は慈照寺。一般的には銀閣寺と呼ばれています。
銀閣寺道まではバスで移動すれば乗換なしで行けるんですけど、平日なのに京都駅のバス停前はものすごい行列。
やっぱりお年を召した方が多いですね。
私が乗ろうとしていたバスが特に長い行列だったんですが、案内のオジサンに聞いたところほとんど行列がないバス停からも慈照寺に行けるとのこと。

オジサンありがとう、と感謝しつつバスに乗ったのですが。。。道路が混んでいてバスがなかなか進まない。
でも電車は不便でバスより時間がかかるから考えものなんですよね。


なんとか銀閣寺道に到着。
急いで慈照寺に向かいます。


お、妻と娘が見たら確実に足を止めてしまう甘味処発見。


中学の修学旅行では金閣寺や清水寺には行きましたが、慈照寺には来ていません。多分。
自由行動の時間は当時タレントショップがたくさんあった嵐山にバスで行ったような気もしますが、人がたくさん乗ったバスから目的地のバス停に降りるのに精一杯だったことしか覚えていません。


学生の頃「足利義政は足利義光が建てた金閣寺のような寺を建てようとしたけど、結局財政難で銀箔を貼ることができなかった」と習ったと記憶しています。
しかし今では「銀閣寺と呼ばれるようになったのは江戸時代のことで、義政はそもそも銀箔を貼る予定ではなかった」と言われています。


金閣寺と比較されることを運命づけられた慈照寺ですが、行ってみる建物だけでなく庭園がきれいなんですね。



錦鏡池の洗月泉付近に小銭がたくさん投げ込まれている場所があります。
どうやら中心の石の上に小銭を投げることができると願い事が叶うんだとか。

せっかくきれいな庭園なんだから、私はこういうのはない方がよいと思うんですけどね。


紅葉し始めた頃の山というのは本当に美しいですね。


今度は家族と一緒にのんびり遊びに来たい場所です。
でも娘は修学旅行で先に来ちゃうかもしれないなぁ。


庭園の出口付近で、よく見る角度の銀閣寺を目にすることができます。
あれ?でも2階にあんな補助用みたいな枠は私の頭の中の銀閣寺にはなかったような。
しかし金箔だらけの寺に負けないわびさびの世界観がグッドなお寺でした。




慈照寺(銀閣寺):http://www.shokoku-ji.jp/g_about.html
THE YELLOW MONKEY、15年ぶりのニューシングル「砂の塔」が届きました。

初回限定盤ということで、チケット入れ?くらいのクリアファイルもついてます。
写真ではわかりづらいですが、CDのジャケットはホログラムがキラキラしていい感じです。

真夜中ですが、早速CDを聴きながら記事を書いています。
以前の記事にも書きましたがこのシングルCD、ボーナストラックを含めて14曲、70分もイエモンの名曲が入ってます。

ん~、やっぱりイエモンはいいなぁ。
学生の頃に仲のよい友達数人とイエモンのコンサートに行ったり、社会人になりたての頃に同期と一緒にカラオケでイエモンの曲を歌ったことを思い出します。好きな曲って、その曲をよく聴いていた頃の出来事やその頃考えていたことなんかを色々思い出すんだから不思議ですね。

私もこんなカッコいいオジさんになりたいものです。

さぁ、明日から通勤電車でイエモンを聴いて仕事頑張ろうっと。
10月から始まるドラマの主題歌、「砂の塔」のティザー映像を観て驚きました。

まずティザー映像第一弾がこちら。


「帰ってきたザ・イエローモンキー」って。。。帰ってきたウルトラマンできましたか。
円谷プロダクションとコラボするなんて、昭和感がハンパないですね。
それにしても太鼓って。

そして第二弾がこちら。

10/19にこの「砂の塔」のCDがリリースされるのですが、再集結曲「ALRIGHT」も収録されています。
どちらの曲も解散前の曲と比べるとサラッとした感じがしますが、イエモンの曲は噛めば噛むほど味が出るものばかりなので楽しみです。

そして初回限定盤はさらにボーナストラックとして私の好きな「バラ色の日々」を含む解散前の名曲12曲が収録されています。
合計14曲収録しているのに価格は\1,296(税込)のシングルCDっていうんですからもう反則ですよ。
これはもう初回限定盤を予約するしかないでしょう。
天気予報でわかってはいましたが、今日も一日雨でした。

ダイコンの種まきをしておきたいなぁと思っていたのですが、3連休も今日も雨。。。

今日は、はなちゃんと一緒に家でゆっくり休みました。
(相変わらず目は開いてますが熟睡中)


今週末は天気になるといいなぁ。
 

プロフィール

とくのー

Author:とくのー
 
ようこそ!

さぁ、今日も畑に行きますか!って言えるほど毎日畑に行けませんが、野菜や花のこと、自分で作った野菜を使った料理のこと、あとペットのボストンテリア、ボタンインコ、コザクラインコ、金魚2匹のことなど書いていこうかな。

家庭菜園を始めた動機はこちら

家庭菜園の面白さ、メリットはこちら

ごゆっくりどうぞ。。。

 

登場人物

とくのー
 家庭菜園を楽しむサラリーマン


 しっかりしているようで
 おっちょこちょいなとくのーの妻


 わがままでいつも怒られてばかり
 でも全くめげない明るい女の子

はな

 とくのーがどうしても飼いたかった
 ボストンテリア
 にことは犬猿の仲

にこ

 とくのー家のペット第一号
 靴下が寝床という変わった
 ボタンインコ

みりぃ

 娘が面倒をみる、
 とてもおとなしいコザクラインコ

ラブ・リン

 ハートマークの丹頂と尾びれが綺麗な流金


レヴォちゃん

 とくのーの愛車
 リアルスポーツツアラー
 スバル レヴォーグ


 

野菜栽培状況

↓(2012.03.20現在)
畑1(3m×10m)
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
空き
空き
空き
空き
空き
アスパラガス・ミョウガ

畑2(3m×10m)
空き
ニンニク
ニンニク
ラッキョウ・スナップエンドウ
ミニ大根・シュンギク・ホウレンソウ
ハクサイ
タマネギ
空き
ブロッコリー
キャベツ
空き
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

最新記事

 
 

カテゴリ

openclose

 
 
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

オセロゲーム