FC2ブログ
07 月<< 2018年08 月  12345678910111213141516171819202122232425262728293031  >>09 月
 
川崎北部市場で購入したイサキ(3,000円)です。
普段スーパーで見るイサキとは、大きさはもちろん色の濃さが違います。


昼に食べたハモは骨切りに失敗してしまったので、今回は失敗しないように注意しないと。

イサキは生でも煮ても焼いても美味しい魚。
さてどう料理しようかな。

妻と娘の希望を聞いて、次の5品を作りました。
・イサキの刺身
・イサキのカルパッチョ
・イサキのアクアパッツァ風
・イサキの塩焼き
・イサキのあら汁

ちょっと高い魚ですが、いつも通り捌けば大丈夫。。。
ということで、できあがり。

まずは刺身。
適度に柔らかく、クセがなくて美味しいですね。


もちろん刺身をいただく時に使う醤油はこちら、大分のフジヨシ醤油の超特別高級加工醤油「カトレア」です。
この醤油で刺身をいただく時はワサビ等付けずにいただきます。


次はカルパッチョ。
こちらは以前シマダイで作ったのと同じカルパッチョです。
野菜も一緒にたくさん食べられて美味しいんですが、食べた後は口の中がニンニク一色になります。


そしてアクアパッツァ風。
見た目も綺麗だし、味も最高です。


それからこちらは塩焼き。
こちらは見た目がイマイチですが、イサキは焼いても美味しいですね。


そして最後はあら汁。
あら汁って骨とか食べられないところを使っているからおまけのように見えますが、このあら汁は特に美味しかった。


娘も気に入ってくれたようで、たくさんイサキを食べてくれました。
ちょっと高かったけど、五島のイサキは美味しかったので満足しました。

ご馳走様でした。
川崎北部市場から帰ってきて、ハモのさばき方をYoutubeで再確認。

さて、今回購入したハモ(約1,000円)です。


こうやってみるとかわいい目をしてますが、口の中には鋭い歯がたくさんあります。


お腹を開いて、背骨と腹骨を取って。。。

問題は、骨切りです。

う~ん、こんな感じで切れてるんだろうか?

今日のハモ料理は次の3品です。
・ハモの蒲焼丼
・ハモの湯引き
・ハモ入り茶碗蒸し

ということで、出来あがりです。


まずは、ハモといったらこちら、湯引き。
上がりハモは身が開かないとネットに書かれていましたが、そのせいか、それとも片栗粉のつけすぎか、全然開いてないですね。


で、食べてみると。。。美味しい!
練り梅とよく合いますね。さっぱりとして美味しいですね。
片栗粉を付けて湯引きしただけで、こんなに美味しくなるなんて。
皮に臭みもないし、驚きですね。
これは京都の人が美味しい、美味しいと食べるわけだ。。。

次はこちら、蒲焼丼です。
ハモを蒲焼にするというのはあまり聞きませんが、、Youtubeでやっていて美味しそうだなと思って。


味はなんというか、土っぽさのないうなぎという感じ。
山椒をかけて食べると、ほぼうなぎの蒲焼になります。


が。。。

骨が切れてない。。。

どうやら骨切り失敗だったようです。

蒲焼は頭に近い部分を使っているので特に骨が気になります。

味は美味しいのに、これはハモに申し訳ないことをしてしまいました。


そして最後はハモ入りの茶碗蒸しです。
こっちは妻がちゃちゃっと作ってくれました。
ハモは茶碗蒸しに入れても美味しいですね。



実はハモ自体生まれて初めて食べたんですが、美味しい魚ですね。
生きてるハモも美味しいんだろうなぁ。
でも噛まれたら嫌だしなぁ。
でも天ぷらも美味しいっていうし、また食べたいなぁ。

次はちゃんと骨切りして美味しいハモをいただきたいと思います。
昨日、久々に川崎北部市場に行ってきました。
土曜の朝の5時起きは結構キツイんですけどねぇ、行ってしまえばやっぱりウキウキして眠気なんてなくなります。


台風のあとだから今回はあまり魚が並んでないかなぁと思っていましたが、アカムツ、アオダイ、メイチなど、まだ購入したことがない魚がたくさん並んでいました。どれを買うか悩んじゃいますね。


イセエビは高いですね~。



今回も何を買うか、悩みに悩みました。
そして購入したのは、こちらの2尾。

1尾は五島産のイサキ。なんとキロ単価3,600円!
イサキ自体はスーパーでよく見る魚ですが、こんな40cmはありそうなイサキはなかなか見かけません。
前回のシマアジと同じくらいなので重さは1キロなさそうですが、1尾3,000円いきそうです。
妻が「五島のイサキやけん、美味しいはず!」と強く推してきたので購入に至りました。


そしてもう1尾はハモ。
今回市場に来るならハモは買いたいなぁと思っていました。
値札に書いてある「あがりハモ」の「あがり」というのは漁獲時または漁獲後に死んだ魚のこと。
生きたハモの方がいいのですが、ちょっとあの歯に噛まれたらシャレにならないので今回はこちらを購入することにしました。


大きなイサキに初挑戦のハモ。
こんないい魚を買ったんだから、頑張って調理するぞぉ~。

ちゃんと料理できたかどうかは、また別の記事で。
今回はマダイ(650円)です。


いつも魚屋さんに行く時は「この料理を作ろう」と先に何を作るかは考えてないんですね。
魚屋さんで売っている魚を見て「この魚捌いてみたい、食べてみたい」と思ったら、どう料理するかを考えて、魚を買うようにしています。

でも今回は先に「この料理を作ってみたい」と思って魚屋さんに行きました。

今回作りたかったのは、「鯛のかぶら蒸し」です。
妻と家にある料理本を見て「これ食べてみたいねぇ~」とずいぶん前から話していたんです。
マダイはいつもお店に並んでいるし、ある程度大きさも選べるのが良いところ。

おろしたカブをザルにあげてかるく水気を切り、塩を振って角が立つ程度にあわだてた卵白と混ぜます。
マダイ、エビ、しめじを敷いた器に、カブと卵白を混ぜたものをこんもりと盛って、飾り切りしたニンジンを添えます。
15分程度蒸している間、だし汁と最初に取ったカブの汁を火にかけて、塩、しょうゆで味を調えた後、水溶き片栗粉でとろみをつけます。
蒸しあがったら餡をかけて三つ葉を添えれば、「鯛のかぶら蒸し」の出来上がりです。
飾り切りしたニンジンがもう一つあった方がよかったかなぁ。

ふんわりとした食感で、餡からもカブの甘みが感じられます。
見た目も味もとっても上品で、「おー、料亭に来てるみたいやね」と言いながらいただきました。

ぎんなん、きくらげなんかも入れると美味しそうですね。
盛り付け方ももっと改善できそうです。

もちろん、あらはあら汁に。


そしてマダイの半身と畑のトマト、余ったしめじを使って妻がソテーを作ってくれました。
さすが主婦ですね。

鯛も畑のトマトも美味しいなぁ。

満腹、満腹。
ご馳走様でした。
少し前ですがブルーベリー狩りの後、妻がブルーベリータルトを作ってくれました。


フレッシュなブルーベリーとクリームチーズカスタードの組み合わせが最高です。
 

プロフィール

とくのー

Author:とくのー
 
ようこそ!

さぁ、今日も畑に行きますか!って言えるほど毎日畑に行けませんが、野菜や花のこと、自分で作った野菜を使った料理のこと、あとペットのボストンテリア、ボタンインコ、コザクラインコ、金魚2匹のことなど書いていこうかな。

家庭菜園を始めた動機はこちら

家庭菜園の面白さ、メリットはこちら

ごゆっくりどうぞ。。。

 

登場人物

とくのー
 家庭菜園を楽しむサラリーマン


 しっかりしているようで
 おっちょこちょいなとくのーの妻


 わがままでいつも怒られてばかり
 でも全くめげない明るい女の子

はな

 とくのーがどうしても飼いたかった
 ボストンテリア
 にことは犬猿の仲

にこ

 とくのー家のペット第一号
 靴下が寝床という変わった
 ボタンインコ

みりぃ

 娘が面倒をみる、
 とてもおとなしいコザクラインコ

ラブ・リン

 ハートマークの丹頂と尾びれが綺麗な流金


レヴォちゃん

 とくのーの愛車
 リアルスポーツツアラー
 スバル レヴォーグ


 

野菜栽培状況

↓(2012.03.20現在)
畑1(3m×10m)
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(アローワ)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(シェリー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
ジャガイモ(チェルシー)yellowNew.gif
空き
空き
空き
空き
空き
アスパラガス・ミョウガ

畑2(3m×10m)
空き
ニンニク
ニンニク
ラッキョウ・スナップエンドウ
ミニ大根・シュンギク・ホウレンソウ
ハクサイ
タマネギ
空き
ブロッコリー
キャベツ
空き
 

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

 

最新記事

 
 

カテゴリ

openclose

 
 
 

FC2カウンター

 

検索フォーム

 
 

オセロゲーム